「今よりもっと」をカタチに。
牟田鉄工有限会社
 
 
 
 
 
 
2022/10/30

軸が折れたプーリーを修理(外径Φ500mm)

使用中に軸が折れたプーリーをお客様が持って来られたので修理を行いました!
 
 
持ち込まれたプーリー。
右側の軸が根元から折れています。 
ちなみにプーリーの外径はΦ500mmです。
 
 
ボスの根本から軸が折れています。 
 
『外側のΦ500mmのパイプは再使用したい』との事なので、修理手順としては、
 
・鏡板の途中をガスで切り落としてボスの付いた軸を抜き取り。
・ガス切りした鏡板部を旋盤で修正加工。
・軸の固定方法を勾配キー式に変更。その軸を新作。
・鏡板を付けたボスを新作。
・鏡板を付け、軸を通して勾配キーでガッチリ固定。
※当然ボスの内径にも勾配キー加工あり。
 
となります(^^) 
  
 
ガスを使って途中から切り落とした鏡板の穴径を
旋盤で修正加工。
 
 
 
鏡板の内径修正(両方)が終わった写真。
この内径に合わせて鏡板を新しく作ります。 
 
 
新作した軸。
勾配キーを使用するのでキー溝の長さが長くなります。 
 
 
各工程を順調に終わらせ、軸を組み込んで最後に勾配キーをガッツリ打ち込み!
 
プーリーの両側から勾配キーを打ち込んだので”絶対に”と言いたくなる位に軸は外れません(^^)
 
万が一この状態で『軸を一旦外して欲しい』と言われても『無理です』と即答できるレベルです。そのくらい勾配キーは固定するのに抜群の効果を発揮します。
 
 
無事にプーリーの修理が完了しました(^^)/ 
 
 
ボス側に勾配キーのキー溝加工。
そこに勾配キーを打ち込み軸をしっかり固定!
それも両サイドで。 
 
勾配キーも入り過ぎず・出過ぎずの丁度良い位置で止まってくれました(^^) 
 
勾配キーを使って軸を固定をする方法は加工がひと手間かかり(勾配キー用の加工をする必要がある)ますが、ガッチリ固定できるので今でも使われている事が多く、スポット的ではありますが修理依頼を頂いています。
 
これからも様々な修理依頼に精一杯対応して参ります(^^)/
 
☜次へ   前へ☞